アイピルは、モーニングアフターピルであるノルレボのジェネリック医薬品です。モーニングアフターピルは日本語では緊急避妊薬のことであり、セックス中にコンドームが破れたり、外れるなどして妊娠のリスクが高まったさいに望まない妊娠を避けるために飲むための避妊薬になります。
アイピルは緊急避妊薬であるため、病院で処方されるものですが低用量ピルに比べて価格が高いものになり、ジェネリック医薬品といっても1錠あたり1千円程度と高額です。緊急避妊薬も低用量ピルも作用としては、妊娠しようとするホルモンを阻害する働きがあるものですが、低用量ピルはそのホルモンの量が微量であるため、継続的に服用する必要があるのに対して緊急避妊薬はホルモンの量が多いという特長があります。このため、効果が強い反面で副作用も強いため、病院などで診断を受けた上で服用するのが無難です。
アイピルの服用時間としては、性行為後から72時間が効果の目安とされています。服用時間が長くなればなるほど効果が薄くなるといわれていますが、24時間以内であれば95%、72時間以内でも75%以上の成功率を得られるといわれています。ただし服用時間に限らず副作用が強く出るため、使用するさいには病院などで行うのが無難です。特に副作用のうちネックになるのが吐き気で、3時間以内に嘔吐した場合には成分が十分に吸収されていない可能性が高いため、効果が薄れるリスクがあるためです。病院で処方された場合には、その程度に応じて追加で服用を指示されるケースもあります。
なお、アイピルは緊急避妊薬として処方されますが持続時間が72時間であるため、低用量ピルの副作用を嫌って、生理前にのみ服用するといった使い方をしている人もいます。