Monthly Archives: 8月 2014

ニエル72の副作用

ニエル72とは緊急避妊薬のことで、万が一に避妊に失敗してしまった時に服用することで妊娠することを防いでくれるアフターピルです。
コンドームが破れたり外れてしまったりということは稀にではありますが、誰にでも起こりうることです。
そういった時に慌てないようにする為の薬がニエル72なのです。
もし避妊に失敗してしまったと思っても、性交後72時間以内であれば高い確率で避妊することが出来ますので持っていればいざという時に安心することが出来ます。
性交後に服用するのが早ければ早いほど高い確率で避妊が出来るようになっています。
しかし、これさえあれば妊娠しないといって頼ってしまうのはとても危険です。
確かにとても便利な薬であるのは間違いありませんが、体に大きな負担をかけているのは確かですので副作用も覚悟しなければならないのです。
ニエル72の副作用としては吐き気や頭痛、下腹部の痛みなどが挙げられます。
他の緊急避妊薬よりはニエル72の副作用は軽いとされていますが、それでもある程度の副作用は覚悟しなければなりません。
病院で処方される緊急避妊薬と違って安価に手に入るからといって常用するのではなく、あくまでもしもの場合に備えるものだということを理解しておきましょう。

ニエル72の効果効能

ニエル72とは、アイピルのジェネリック医薬品です。
レボノルゲストレルを有効成分とする薬で、ニエル72の効果効能は避妊です。

通常、避妊薬には低用量ピルと事後ピルの2種類があります。
低用量ピルとは、ほぼ毎日の服用を続ける事で、避妊の効果を発揮する避妊薬です。
続ける事で初めて避妊の効果があるので、飲み忘れのないように注意する必要があります。

対して事後ピルとは、低用量ピルの服用を忘れる等して、妊娠の可能性がある場合に、緊急的に妊娠を回避するために用いられます。
そのため緊急避妊薬とも呼ばれています。
性行為後、出来るだけ早めに服用する事がポイントです。
性行為から72時間以内の服用で、75%の有効性があるとされています。

ニエル72は、この2種類のうち後者の事後ピルと呼ばれる種類になります。
服用方法は、1回につき1錠を服用します。
前述した通り、出来るだけ早く服用する事がポイントです。

ニエル72は、高い妊娠回避率がありますが、その反面で副作用が起きる場合があります。
代表的な副作用としては、吐き気や下腹痛、月経のような出血等があります。
ほとんど症状は1~2日で無くなりますが、症状が長引いたり重かったりする場合には、医師に相談する事が大切です。