ジェネリック医薬品が他の医薬品と何が違うかというと、ほぼ何も違わないといてます。
ジェネリック医薬品とは後発医薬品というもので、処方された医薬品の特許が切れて他の医薬品メーカーも特許料を支払わずに生産ができるというものです。
ジェネリック医薬品が買われる理由は、まず第一に医薬品の生産コストが低くなるために、消費者もその薬自体の単価を下げることができ経済的な負担が減らせると言うことです。
そのため、薬局などで処方箋を渡す際やお医者さんに言ってその薬のジェネリック医薬品がある場合容易に変更することもできます。
医薬品の値段が抑えられるということは、患者にとって非常にメリットの高いことだと思います。
しかし、同じ成分のジェネリック医薬品でも成分が100%同じというわけではないために、変えて体の異常を来たすことが極稀にあります。
ジェネリック医薬品がいくら安いといっても、同じ効果を得られなければ意味がありません。
もしジェネリック医薬品を選択する場合は、病状や効果を定期的にお医者さんに知らせる必要があり、もし問題がある場合はすぐに医薬品を普通の先発医薬品に戻してもらう必要があります。
それでもジェネリック医薬品を選択するならば、お医者さんの意見や薬剤師さんの意見もよく聞いておく必要があります。