アイピルとは経口避妊薬の一種で、性行為後に服用するタイプの所謂緊急避妊薬のことです。アイピルのような緊急避妊薬の多くは一度に多量の女性ホルモンを摂取して、その作用によって望まぬ妊娠を防いでいきます。性交後、卵子と精子が結びつくその前後にこのアイピルを摂取することによって、子宮内の状態を妊娠に適さない状態にもっていくことができるのです。
こうしたアイピルの作用はその服用が早ければ早いほど強く表れます。女性の体が妊娠に適した状態になるためのホルモン分泌、これを行う脳下垂体という器官にダイレクトに作用してより高い避妊効果を実現していきます。
ただ、このアイピルの避妊効果、完璧というわけではもちろんありません。人によっては避妊失敗となるケースもありますし、服用のタイミングによっては避妊失敗のリスクをより高めてしまうこともあります。
避妊失敗の原因の一つが、ピルを服用するタイミングが遅すぎたことです。アイピルは性交後24時間以内の服用でその避妊率が95%、72時間以内であれば75%と時間経過とともに下がっていきます。さらに、アイピルを服用後3時間以内で下痢や嘔吐の症状があった場合、薬の成分が体に吸収されないうちにそれが体外に排出されてしまうので必然的に効果も薄まってしまうのです。
通常、アイピルの服用後生理が始まれば避妊が成功したことになります。この生理は服用後1週間程度で始まるものなので、妊娠したかしていないかはその時点で判断することができます。この際、生理の出血だと思われても、実はピルの副作用である不正出血だったという可能性もあるので、念のために妊娠検査薬でのチェックをしておくことをおすすめします。